2012年04月21日

悉皆という言葉が……!

 悉皆(ことごとく皆)という言葉があります

 と1/10のブログに書き込みました。
末尾に、こんな業界用語が「ちまた」で普通に使われていたのは、30年以上も前のことです。
 今も尚「悉皆屋」の元締め「大阪府きもの洗染染協同組合」=以下組合という、として法人組織で存続しています。
 続きは次回に。

 以上のように悉皆屋なるものについて書き始めましたが、そのままになっていましたのでお詫びがてら続きを書きます。
 組合は戦後間もなく、戦前にあったものを改組し法人組織になり、600人を超える組織でスタートしたと先代より聞いています。
 きもの離れはこの世界にも浸透し、見る影もない微少な組織に落ち込んでしまいました。

 そして改組、合併、解散などを視野に組織変更を迫られています。

 「悉皆屋」こそ私達の使命であり生きるすべだ、と私の店のあるべき姿を訴えかけていきたいと思っています。
 私共にお越し下さるお客様は最近富に増えてきています、何故なら安易に頼める気楽な店が「巷」になくなったからなのです。
 そして、「きもの」のトラブルは千差万別、どこの呉服屋やデパート・専門店でも対応出来るものではないのです。
 私達のPR活動はそのためにあり、結果として来店いただけるお客様が増えている訳です。

 「きもの」のトラブルとはどんなものでしょう?
○ 着たままにしてあったら「シミ」が目立って「しみ抜き」したい
○ 母のきものを着られるように直したい
○ 若い頃のきものが、寸法が合わなくなった
○ 結婚式やパーティーなどで着たきものを、お手入れしてからしまいたい
○ 派手になったきものを、歳にあった地味なものにしたい

等、ご要望は様々です。

そんなことを一つずつお話ししていきましょう。以下続きは
posted by はりよし at 14:46| Comment(1) | きもの業界便り

2012年04月20日

岐阜 犬山から=続き

「一張」ずつ灯されていく「ろうそくの灯火」は心許なく、夜のとばりも深まらない中その「明かり」の点灯はまさしくもどかしい。
1.jpg

現代にはない、一斉にということではない「少しずつ」の世界があった。
 私達が中心に見たのは、13輛の内お城近くに集まる6輛だった。(残り7輛は名鉄名古屋駅あたりで見られる)
その6輛は、京都祇園祭のような派手さもなく、京情緒豊かな「祇園囃子」があるわけでもないが、地元の人達に語りかけると心の底からの「祭り自慢」が聞こえる……!
2.jpg

慌ただしい時代を生きる私達が、悠々とした時間の流れに浸る事が出来、心にゆとりをもらって今回の旅の「豊かさ」をしみじみ味わえた。

 同行した友人は小学校の一年から机を並べ、高校まで同じ学校、クラブも一緒そしてその後の永い生涯のほとんどを共に過ごしてきた。

 この夫妻との旅は初めてで、今回この地を訪ねたのは、高校のクラブのアイドルだった女性の誘いに乗ったからだ。
 15才で出会って「賀状」の交換はあったものの、親交が深いと言えるほどではなかった。
しかし50年を超える歳月もものかは、あっという間にその歳月は埋まった。

 心のこもった素晴らしい歓待を受け、幻のようだった時間を埋めてくれた彼女の「情愛」には、お礼の表しようもないほどの喜びをいただいた。
 「招く」と「もてなす」心を、隙間のないほど純粋に見せてもらい、そして彼女の優しさと、その家庭を築いてこられたご主人様の心情も共に見せていただいた。
posted by はりよし at 15:16| Comment(2) | 旅とその想い

2012年04月19日

名城の側で「犬山祭り」

犬山城は、日本に四つしかない「国宝の城」の一つである。

 数年前仕事で訪れた「岐阜」に、岐阜城ではない「この城=犬山」が岐阜のすぐ隣にある事は知っていた。
 数少ない木造で、創建当時の姿を留めた偉容は「城ファン」の私にとって、側まで行っていて尋ねない「法は」なかった。

 その折尋ねたあこがれの城は、期待に違わぬ時代を映したまさしく「国宝」の城だった。
 戦国当時を象徴するような「名城」としての立地、これこそ堅固な城と思えるのだが、戦国時代4回も落城したことでも有名である。(詳細は省く)

 偶然訪ねた犬山で、その折に出会ったのが秋の「犬山祭り」だった。
その時は「祭り」を堪能する時間はなかったが、京都の祇園祭りを彷彿とさせる「車山=だし」は
偉容とまで行かないまでも、この長良川の奥の古い町に「都=京都」への強いあこがれと郷土愛を感じた。

 今回訪れたのは、岐阜に住む古い友人が私達を招いてくれたからで、見るなら「桜」の犬山城と「祭り」見物を目指したからこの時期を選んだ。
DSC_0041.JPG
 この「車山=だし」の「売り」はそれぞれの「車山=だし」の最も高見で、多くの人達に見られるように演じられるからくり「人形」達の演舞だろう……!
 今回これがの強い興味を引くものとして、「犬山祭り」を訪れたが十分に堪能するするところまではいかなかった。

DSC_0037.JPG

 しかし、もう一つの山は夕暮れ時が近づくと町衆達が次々と「車山」の周りに集い始める。そう「車山=だし」に飾られた提灯に点火を始めるのだ。六つの「車山」に全部で365張の提灯に一本づつ「ろうそく」に灯が灯されていく。今なら一斉点灯が当たり前、LEDで煌々と行きたいところだろう……!
 でも敢えて一つずつ、灯は灯されていく。

 まさしく時代を超えて夢を見るようなゆったりした時間が流れていく。
 ☆ つづく……!
posted by はりよし at 11:36| Comment(2) | 日記