2011年01月23日

振り袖がハワイで、気に入られ

ハワイに「きもの」が根付いていることをご存じですか?

あのハワイで日本の「きもの」を着て「成人式」「十三参り」「七五三」「結婚式」こんな行事(人生の通過儀礼)で沢山の方に、「日本のきもの」が愛され親しまれ、「きものを着る」感動を与えているのです。

 祖国日本でさえもそんな恒例の行事に「歓喜」する子供達がそんなに多くはありません?
遙か太平洋の彼方「ハワイ」ホノルル市の日系の方々が、「喜々として」そんな行事を生活の中に取り込んでおられる。
 そしてエンジョイされ「日本人」を意識されるのか?祖国愛か?単なる「郷愁」か?

様々な思いが彼の地で「熱い想い」をもって受け入れられています。
 彼の地を訪れ、どれほどの方が「きもの」に溶け込み感動されているかを見てきました。
私達を「ハワイ」に招いてくれた「きもの達」は彼の地で大歓迎を受け、沢山の方に末永く愛されることになりました。
 日本で見捨てられた「きもの」たちが、1200年の伝統の技法で日本で作られた「きもの達」が、蘇り新しい命をもらいました。

 私達がその仲立ちを出来たことは、この上もない喜びと「感動」でした。
 苦しみ抜いた「きもの業界」で、このように晴れがましく受け入れられた「きもの」達がいかほどあったことでしょうか?
 着物と共に生きた「50年」の中でもまさかの「歓喜」の時間でした。
posted by はりよし at 12:31| Comment(1) | 旅とその想い
この記事へのコメント
ハワイで着物が着られて居るとは知りませんでした。良い御縁で、楽しいパイプがつながりましたね。そのパイプを、太く長くするために御活躍を。
Posted by 萬木寛次 at 2011年02月14日 16:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。