2012年03月29日

選抜高校野球に感動

 春は選抜からと昔から言われるこの大会……!

今年は格別の思いで見ている、何故なら古豪と言われる徳島の鳴門高校が出場し、キャッチャーを守る私のいとこの孫が、昨日「さよならヒット」を打ったからだ。


 そのゲームは、【作新学院・鳴門】10回裏鳴門2死満塁、日下大輝が逆転のレフトオーバーのサヨナラ長打を放ち、ガッツポーズをみせてくれた。
 http://mainichi.jp/senbatsu/12/graph/07-2/11.html(写真をどうぞ)

 この日下大輝(ひろき)君が、私の父の兄の長女(私のいとこ)の孫なのです。このいとこの兄は野球狂(阪神狂)で、50年くらい前毎年夏に鳴門から「巨人戦」を見に鳴門市役所の同僚を引き連れてやってきた。
 そしてその都度内に泊まり、私を甲子園に連れて行ってくれたのです。

 結果として私は阪神に取り憑かれ、3人の息子も妻(元々阪神ファンだった)も大の阪神ファンとなった「元」となる訳である。

とにかく昨夜従姉妹としゃべり、喜びを語り合ったのである……!
posted by はりよし at 17:11| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。