2012年04月20日

岐阜 犬山から=続き

「一張」ずつ灯されていく「ろうそくの灯火」は心許なく、夜のとばりも深まらない中その「明かり」の点灯はまさしくもどかしい。
1.jpg

現代にはない、一斉にということではない「少しずつ」の世界があった。
 私達が中心に見たのは、13輛の内お城近くに集まる6輛だった。(残り7輛は名鉄名古屋駅あたりで見られる)
その6輛は、京都祇園祭のような派手さもなく、京情緒豊かな「祇園囃子」があるわけでもないが、地元の人達に語りかけると心の底からの「祭り自慢」が聞こえる……!
2.jpg

慌ただしい時代を生きる私達が、悠々とした時間の流れに浸る事が出来、心にゆとりをもらって今回の旅の「豊かさ」をしみじみ味わえた。

 同行した友人は小学校の一年から机を並べ、高校まで同じ学校、クラブも一緒そしてその後の永い生涯のほとんどを共に過ごしてきた。

 この夫妻との旅は初めてで、今回この地を訪ねたのは、高校のクラブのアイドルだった女性の誘いに乗ったからだ。
 15才で出会って「賀状」の交換はあったものの、親交が深いと言えるほどではなかった。
しかし50年を超える歳月もものかは、あっという間にその歳月は埋まった。

 心のこもった素晴らしい歓待を受け、幻のようだった時間を埋めてくれた彼女の「情愛」には、お礼の表しようもないほどの喜びをいただいた。
 「招く」と「もてなす」心を、隙間のないほど純粋に見せてもらい、そして彼女の優しさと、その家庭を築いてこられたご主人様の心情も共に見せていただいた。
posted by はりよし at 15:16| Comment(2) | 旅とその想い
この記事へのコメント
提灯の膨大な灯りの数が、まだ暗くならない空に浮かんで、なんとも言えない幽幻の世界を感じました。と、申しましょうか「言葉]が出ませんね。
 ご同行されたご友人との縁(えにし)にも、感慨深いものがありますね。
Posted by atsuhime at 2012年04月22日 15:55
atsuhime様

「言葉]が出ませんね。
嬉しいお言葉をいただきました。

祇園祭とは比較のしようのないほど、静かな「祭り」で、大阪の天神祭の喧噪と雑踏とはかけ離れた世界でした。
それなりにかなりの混雑ぶりですが、そこそこ人混みをかき分けながら撮った「写真」でした。
同行の友人とは「つかず離れず」、彼もその不思議さを最近口にするようになりました。
Posted by 吉永 恵一 at 2012年04月23日 10:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。