2012年04月21日

悉皆という言葉が……!

 悉皆(ことごとく皆)という言葉があります

 と1/10のブログに書き込みました。
末尾に、こんな業界用語が「ちまた」で普通に使われていたのは、30年以上も前のことです。
 今も尚「悉皆屋」の元締め「大阪府きもの洗染染協同組合」=以下組合という、として法人組織で存続しています。
 続きは次回に。

 以上のように悉皆屋なるものについて書き始めましたが、そのままになっていましたのでお詫びがてら続きを書きます。
 組合は戦後間もなく、戦前にあったものを改組し法人組織になり、600人を超える組織でスタートしたと先代より聞いています。
 きもの離れはこの世界にも浸透し、見る影もない微少な組織に落ち込んでしまいました。

 そして改組、合併、解散などを視野に組織変更を迫られています。

 「悉皆屋」こそ私達の使命であり生きるすべだ、と私の店のあるべき姿を訴えかけていきたいと思っています。
 私共にお越し下さるお客様は最近富に増えてきています、何故なら安易に頼める気楽な店が「巷」になくなったからなのです。
 そして、「きもの」のトラブルは千差万別、どこの呉服屋やデパート・専門店でも対応出来るものではないのです。
 私達のPR活動はそのためにあり、結果として来店いただけるお客様が増えている訳です。

 「きもの」のトラブルとはどんなものでしょう?
○ 着たままにしてあったら「シミ」が目立って「しみ抜き」したい
○ 母のきものを着られるように直したい
○ 若い頃のきものが、寸法が合わなくなった
○ 結婚式やパーティーなどで着たきものを、お手入れしてからしまいたい
○ 派手になったきものを、歳にあった地味なものにしたい

等、ご要望は様々です。

そんなことを一つずつお話ししていきましょう。以下続きは
posted by はりよし at 14:46| Comment(1) | きもの業界便り
この記事へのコメント
GWに久しぶりにタンスのこやし!?状態の、昔の着物を出して見ました。
姉の結婚式、正社員だった頃の会社の新年会等、数えるほどしか来ていない着物です。あと数年したらこの柄は、年齢を考えると着られないかもなぁ〜などと考えてしまいました。
染め直したりすると、いくらかかるんだろう???とか、いろいろ興味が湧いてきます。
 お客様のご要望の続き、お待ちしております。
Posted by atsuhime at 2012年05月14日 20:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。