2012年04月21日

悉皆という言葉が……!

 悉皆(ことごとく皆)という言葉があります

 と1/10のブログに書き込みました。
末尾に、こんな業界用語が「ちまた」で普通に使われていたのは、30年以上も前のことです。
 今も尚「悉皆屋」の元締め「大阪府きもの洗染染協同組合」=以下組合という、として法人組織で存続しています。
 続きは次回に。

 以上のように悉皆屋なるものについて書き始めましたが、そのままになっていましたのでお詫びがてら続きを書きます。
 組合は戦後間もなく、戦前にあったものを改組し法人組織になり、600人を超える組織でスタートしたと先代より聞いています。
 きもの離れはこの世界にも浸透し、見る影もない微少な組織に落ち込んでしまいました。

 そして改組、合併、解散などを視野に組織変更を迫られています。

 「悉皆屋」こそ私達の使命であり生きるすべだ、と私の店のあるべき姿を訴えかけていきたいと思っています。
 私共にお越し下さるお客様は最近富に増えてきています、何故なら安易に頼める気楽な店が「巷」になくなったからなのです。
 そして、「きもの」のトラブルは千差万別、どこの呉服屋やデパート・専門店でも対応出来るものではないのです。
 私達のPR活動はそのためにあり、結果として来店いただけるお客様が増えている訳です。

 「きもの」のトラブルとはどんなものでしょう?
○ 着たままにしてあったら「シミ」が目立って「しみ抜き」したい
○ 母のきものを着られるように直したい
○ 若い頃のきものが、寸法が合わなくなった
○ 結婚式やパーティーなどで着たきものを、お手入れしてからしまいたい
○ 派手になったきものを、歳にあった地味なものにしたい

等、ご要望は様々です。

そんなことを一つずつお話ししていきましょう。以下続きは
posted by はりよし at 14:46| Comment(1) | きもの業界便り

2012年03月29日

あるお店の挑戦……!その二

こくう.jpg
あるお店とは……!

 奈良市の南、紅葉で有名な竜田川の側の高級住宅地で、10年くらい前からこの地で営業を始められました。
 それ以前は上本町2丁目の表通りで「商い」され、ユニークな創作「和物」、特に「作務衣」が特徴的です。「こくう」という店名も印象的で、上二の頃訪問した印象は「こだわり」に満ちた店と拝見しました。

 そして凡そ10年、不思議なきっかけが私共との「ご縁」をつないでくれた訳です。

 「こくう」さんのホームページはyahooトップから 「こくう」と検索すれば出てきますが、URLはhttp://www.coqu.jp/
 

 「こくう」さんは、私共と同じようにご家族で経営され、大きな住宅2軒分の敷地の1階部分を「展示場と接客スペースに生かされ、見事に調和のとれた「店作り」は感服するしかなく、ここまで出来るかといううほど、こだわった空間を大切にされています。

 そのお店が、新しい「和の世界」への挑戦を始めようとされた訳です。それが「悉皆」だった、そして私共がその「手本」になれるかどうか分かりませんが、当社の目指す道を一緒に歩もうとされることになったのです。
posted by はりよし at 12:42| Comment(0) | きもの業界便り

2012年03月23日

あるお店の挑戦……!

奈良の大阪に近い住宅地で

創る事を主にして、「和の世界」を歩いてこられたお店があり、
今、「きもの」とその世界に欠かせない「悉皆」に挑戦しようとされています。

こくう3.JPG
「悉皆」なる世界を、年頭のブログに少しご紹介しましたが、
私が50年あまりいた「きものの世界」は、まさしく悉皆を中心にした人生でした。

ここ10年来「きもの」の世界は、破綻寸前を彷徨う状態ににあり、
メンテナンスと「悉皆」が強く意識されるようになっています。

 「きもの」のお手入れは、専門店の「悉皆屋さん」にお願いしよう、
との主旨で、年頭の朝日新聞紙上で大きく取り上げられていました。

 こんな言葉を知る「新聞人」がいることに大きく感動した訳ですが、
今や死語とも言える言葉に注目したのには、この記者には「どんなきっかっけが有ったのでしょう……!」

 きものの「お手入れ」は我が社の最も得意とするところであり、常にPRに重点を置いています。
つまり「悉皆屋」こそ私達の使命であり、生きるすべなのです。

このほどの奈良のお店との交流は、まさしく悉皆なのです。
 先日来相互訪問を重ね、交流と情報交換を始めましたが、
お客様を含め「三方良し」を念じ、社会貢献を目指そうと私共と手をつなぐ事になる訳です。

DSC_0257.JPG
どんな発展を見せるか?双方にどんな意識改革を生み、
新しい「和ときものの世界」に新風を吹き込みたいものです。
posted by はりよし at 12:07| Comment(0) | きもの業界便り

2012年01月10日

悉皆(ことごとく皆)という言葉があります

あけまして、おめでとうございます。

 あっと言う間に「十日戎」を迎えてしまいました。
 今年の年賀状には、2030年、「創業百周年」を夢見、伝統に恥じない「きもの屋」として面目一新の年を目指します。
 お客様のご愛顧に応え、はりよしへのご信頼に甘えず、お客様第一の様々な「着物と和の世界」にご提案を差し上げます。
 次の世代に生きる「きもの屋」として………。

タイトルに書いた「悉皆」という言葉を、先日朝日新聞紙上で大きく取り上げられているのを見つけ、今年の年初の「ブログ」はこれで行こうと決めていました。
 「きもの」のお手入れは、専門店の「悉皆屋さん」にお願いしよう、との主旨でした。
 こんな言葉を知る「新聞人」がいることに大きく感動した訳です。今や死語とも言える言葉に注目したのには、どんなきっかっけが有ったのでしょう……!

 きものの「お手入れ」は我が社の最も得意とするところであり、常にPRに重点を置いています。
つまり「悉皆屋」こそ私達の使命であり、生きるすべなのです。

 こんな業界用語が「ちまた」で普通に使われていたのは、30年以上も前のことです。
 今も尚「悉皆屋」の元締め「大阪府きもの洗染染協同組合」として法人組織で存続しています。

続きは次回に。

posted by はりよし at 12:05| Comment(0) | きもの業界便り

2011年10月01日

愛着一杯のきもの達

またまたマイナーな「きもの屋」の寂しいお話しを一題。

10年前まで偉業していたある「呉服屋さん」の店じまい後の商品を買い取りさせていただきました。

 湿気の多い風も入れない部屋に箱詰めにされていた倉庫で、10年の年月を眠っていただけに、触るのも控えたいほどの状態の「沢山の反物」でした。
 現場で4時間ほど整理し、箱などに詰めて(もちろん適正な査定をし現金で支払って)持ち帰りました。

 店に戻り箱などを開け、丁寧に区分けしましたが、内の従業員達も鼻を曲げながら、夜8時頃までみんなで頑張って整理しました。

 素人さんには見せられない、ひどい商品ばかりでした。翌日、いつも必ず来てくれる仲間が少し拾って買ってくれました。

 私達の世界では、商品に対する執着が非常に強いのですネ!!
どの商品も最低20年以前の物ばかりでしたが、何とか最終的には処分が着くでしょう。

他の業界の商品では考えられないことでしょうね……!
息の長い商品には違い有りませんが、手放された「店主」さんには愛着一杯だったということです。

いずれにしろ、他の業者では代金を払わなかったのではないでしょうか?

 そのご主人は、10年前倒れたそうですが、原因は酒だと、奥様が厳しく話しておられました。
「既に2度倒れ、次はアウト」だと。

 要は「酒」だったそうで、「賢明で優しい」方だったそうですが、何故か酒には狂うようです。
酒の飲み過ぎには注意しなければなりませんね。

内の奥様は、私が何の忠告も受け入れないので、諦めていますが「酩酊」する前に寝てしまいます。
posted by はりよし at 12:57| Comment(0) | きもの業界便り

2011年06月30日

友人の店が、閉店されていました。

 何の予告もなく、私の友人は店を閉めました。もちろん「きもの屋」=呉服屋です。
彼の丁寧なお客様対応が、目に浮かびます。呉服屋の見本のような、上品な商売をしてこられました。

 「きもの屋」=呉服屋は、この10年で1割に減りました。
全国に3万軒有ったお店が、今や3千軒を割り込んでいます。それも高齢化した経営者に後継者が無く、店の継続は難しい店が過半を占めています。
 私がこの現状認識を持ったのは10年前で、私の店もご多分に漏れず「閉店」を覚悟した時期でした。
 現実は予想を超えた非情なもので、自然淘汰もありましたが、お客様の「きもの離れ」による止むなきを得ない悲痛な廃業も多くありました。

 しかし予想を超えた環境変化の中にも、「生き残り」を目指しそれを達成することが出来たのが私達の店ということになります。独りよがりの自慢話になりましたが、幸運が私達に「ツキ」をくれました。
 ひたすら夢を見、希望を捨てず、当時の流行語[never surrender」=決して諦めなかったのです。破綻寸前からの復活劇を自作自演した訳です。

 昨日この情報に接したのは、京都の友人からのメールで、あそこのあの店が、9月に閉店するそうや」からでした。その店を見に行ったとき、私の友人がやっていた店が閉っていたわけです。
悲しいご報告となりました。
posted by はりよし at 18:20| Comment(0) | きもの業界便り